<   2013年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

マリーゴールドからのお知らせ



秋晴れの美しい空の新潟です。

いよいよ今週末の9月28日29日の土日、第4回いのちキラキラ希望の風フェスタin笹神を開催します。

本当にたくさんの方に支えられて、順調に準備が進んでいます。

福島県で起こっている原発事故の問題は、福島だけの問題ではなく日本中の問題です。いま、事故の後で決められた「安全基準」というものによって、本当にたくさんの子ども達の健康が心配な状況にあります。

「基準値」と聴くだけで、なぜ私達は安心してしまうんでしょう。基準があるから確かに危険か安全かを判断出来るとも言えますが、放射能に関してはこの数値だけで判断出来るのかどうか、是非一度考えてみてほしいのです。

まず、事故後に国が新たに決めた安全基準値のひとつが、年間20ミリシーベルトの被ばくです。事故前までは、国際基準である年間1ミリシーベルトまでを守っていました。1ミリシーベルト被ばくするというのは、1億人のうちの5000人がガンになるというレベル。これ以上は問題だということで決められた国際基準だったのです。いまは子どもにまでその20倍を「安全」としています。

1ミリシーベルトの被ばくというのは、人間の体を作っている60兆個すべての細胞の核に平均して1本の飛線が通過する量。すべてですよ。。。これが20ミリシーベルトというのは、60兆個すべての細胞の核に、20本もの飛線が通過することを「安全」と決めたということです。核の中には大切な遺伝子、DNAがあります。1本だって嫌なのに、20本も、60兆個すべての細胞に入ることが、成長過程にある子ども達にどんなダメージを与えるのか計り知れません。

さらに、1ベクレルというのは、1秒間に1発の放射線を発射すること。1ベクレルの内部被ばくをすると、体の中で1日86400発が発射されて、細胞のどこかが傷つくのです。いま、日本の基準は、お米、野菜、肉類で、1キロあたり100ベクレルまでを許可しています。99ベクレルだったら、非検出としてスーパーに並んでしまう。。。牛乳は50ベクレルまで、その他の飲料水は10ベクレルまでを許可しています。

大切な子どもに、このくらいは大丈夫だから、国が決めた基準だからって、おむすびに1ベクレルの米粒を10粒まぜて、食べさせることが出来ますか?それが体に入ったら、毎日毎日、86万4000発の放射線を発射することがわかっていて。。1粒だって嫌ですね。これはもう、数値で判断するんではなくて、本能で「No!!」としなければならないわけです、本当は。

今福島で生活されている多くのお母さん達は、日々作られる1日3度の食事に、とても辛い想いをされています。気をつけたいけれど、スーパーにはどのくらいの汚染があるのかないのかわからない福島県産のお野菜が90%をしめ、他県から取り寄せ続けるにも経済的限界があり、また家族が家庭菜園で育てた野菜を断り続けることも出来なくなり、ほとんど事故前の状態に戻っているのです。そして、自分が手がけたご飯をお子さんに食べさせながら、胸の痛みを感じ続けておられます。本当に本当に、大変なことだと思うのです。

今週末の希望の風フェスタでは、たったの1泊二日だけれど、何の胸の痛みもなく、空気を吸い、食事を食べ、医師に相談し、癒しの手当をうけ、ものづくりをして、元気を一杯充電して帰っていただけたらと願っています。

もう一度、みなさまにご協力のお願いです。
新鮮で安心な果物をカットフルーツで食べていただきたいと思っています
その果物を支援していただけませんか?27日にマリーゴールドに届くように送っていただけたら嬉しいです。
また前回同様、手作りのお菓子も歓迎します!!アレルギーの子ども達もいますので、原料名をご記入の上、お届けいただけたら助かります!!添加物や、遺伝子組み換えの甘味料、着色料、そんなものが入っていない手作りのお菓子を子ども達が食べる事によって、福島に戻ってもそういうものを選んでいけるように導いてあげたいと思っています。
そして、今回はもうひとつ。お願いがあるのです。このイベントには総勢80名近いスタッフさん達が協力してくれています。みんな、無償で手伝ってくれて、無償で癒しブースを出してくれて、それどころか、運営費のために参加費をだしてまで助けてくれている仲間です。福島県からこのイベントに参加するためには、イベントの参加費と、交通費がかかっています。迎える私達も同じ立場で「一緒に集おう!」という想いを汲み取ってくれて、お金を出して手伝ってくれています。
私は今まで、このスタッフさん達に何のお礼も出来ませんでした。私からのお礼を受け取るような方々でもなく。。。それで、お願いがあるのですが、賛同していただける方だけで良いのですが、「スタッフさん達へ」という応援をいただけたら嬉しいのです。お手紙でもお葉書でもかまいません。作ってくださるお菓子の一部を「スタッフさん達へ!」としてくださる事でもかまいません。
毎回お願いしようとは思っていません。今回4回目を迎えるにあたって、本当にたくさんのスタッフの協力が継続を支えてくれていますので、初めてその感謝を「形」に出来たらと思っています。

そして、26日(木)10時から、マリーゴールドで風フェスの準備をしたいと思っています。お時間ある方はぜひ力貸してください!!受付用の名札造り等の工作です。ハサミ、マジック等を持参していただけると嬉しいです!!どうぞよろしくお願いいたします!!お手伝いいただける方は、できればマリーゴールドにご一報いただくか、この通信にそのまま返信でお知らせいただけると嬉しいです!!マリーゴールド 0250-61-2727
本日は長くなりました!!最後までお読みいただいて感謝します。
[PR]
by nanaironosora-k | 2013-09-24 18:43 | マリーゴールドからのお知らせ

9月22日:@大阪 大阪NVC勉強会主催 ジム&ジョリ1DAYワークショップ ◎まごころのコミュニケーション





9月22日:@大阪 大阪NVC勉強会主催 ジム&ジョリ1DAYワークショップ ◎まごころのコミュニケーション◎
◎●○●○◎●○◎●○◎●○◎●○◎●○◎●○
  大阪NVC勉強会主催 
     ジム&ジョリ 1DAYワークショップ
     まごころのコミュニケーション
◎●○●○◎●○◎●○◎●○◎●○◎●○◎●○

NVC(ノンバイオレントコミュニケーション)は、アメリカの心理学者
マーシャル・ローゼンバーグ博士により体系化された
『つながりをうながす対話』によるコミュニケーション法です。
『ひとは本来それぞれありのままで、みずからの必要とすることを満たし、
相手と与え合うことができる』ということを対話をとおして実感できる
”まごころのコミュニケーション”です。

今回はCNVC認定トレーナーであり、マーシャル博士とともに
講師を務めておられたマンスキー夫妻をハワイからお迎えし、
紛争解決(メディエーション)と社会改革をテーマに
1日のワークショップを開催します。

◆日時 2013年9月22日(日)10:00~20:00(受付開始9:30~)
   ※当日は昼食のご用意がございませんので、各自ご持参ください。
   ※夕食はご用意がございます。

◆場所『あまべ邸』 〒553-0004 大阪市福島区玉川4丁目7-4
  JR野田駅より徒歩5分/
  野田阪神駅より徒歩15分/
  地下鉄千日前線玉川駅2番出口より徒歩2分

◆参加費 ¥10,000+夕食代(¥1,000)

◆定員30名


♪お申込みの方法♪
  メールでのお申込み、参加費のお振込みをもって受付完了となります。
◎申込みメールのタイトル(件名)を『9/22大阪NVC申込み』
  ・お名前
  ・当日のご連絡先電話番号
  ・夕食のご用意がございますので、お食事の制限やアレルギーなど
   お持ちの方はその旨
la.pecorella.bianca@gmail.comまでお送りください。
返信メールにて振込先をお知らせしますので、
参加費のお振込みお願いします。


△▼△▼△▼△▼△▼△▼
    プ ロ グ ラ ム
△▼△▼△▼△▼△▼△▼

10:00~12:00 
【session1】
  『社会とつながるNVC~まごころのコミニケーションとは~』
  まず初めにNVCの基本的なしくみとNVCのもつ大きな力
  (社会を変える力)について学んでいきます。NVCの基本を
  理解したうえで、午後のセッションにすすんでいきます。

12:00~13:30 
休憩
  ※各自昼食をお取りください。

13:30~20:00
  ※途中、夕食をとります。
【session2】
  『争いから共感へのシフト~討論から協論へ~』
  共感的な対話によって争いごとをどのように乗り越えるか、
  具体的なワークを行います。
  問題解決にはたくさんの選択肢があるということを一緒に
  学んでいきましょう。

【session3】
  『まごころがひろがる世界~共感で変わる社会とは~』
  ひとりひとりが力をあわせて社会をどのように暮らしやすく
  変えていくことができるか、NVCによるコミュニケーションの
  可能性と実践について学んでいきます。

講師陣&スタッフ
【講師】
ジム&ジョリ・マンスキー
CNVC公認トレーナーと同時にNLPのトレーナーでもあり、
これまでCNVC(センター・オブ・NVC)を通じて国際的イベント企画、
2008年~2009年にかけてマーシャル・ローゼンバーグ博士と
ともに講師を務める。

【ファシリテーター】
やよしようこ
過去7年間にミキ・カシュタンほか11人のCNVC認定講師から学び、
現在関東、大阪、三重でも精力的にNVCの普及に努めている。
大阪NVC勉強会は、発足1年半になる。

●通訳について
当日は通訳のご協力がございますので、ご安心ください。


<お問合せ>
メールでのご対応となります。
la.pecorella.bianca@gmail.comまでお問合せください。
なお、当日の詳細については、お申込みメール確認後、
返信メールにてお知らせします。
1週間以内に返信メールが届かない場合は、お手数ですが
再度メールをお送りいただきますようお願いいたします。

主催:大阪NVC勉強会
共催:ハーモニクス・ライフセンター

◎●○●○◎●○◎●○◎●○◎●○◎●○◎●○
[PR]
by nanaironosora-k | 2013-09-22 08:34 | お知らせ

村上真平 講演会 2013年9月28日

使い捨て時代を考える会

40周年記念連続企画 第4弾

未来は変えられるー子供たちの未来のためにー


開催日:2013年9月28日(土)

原発事故後の福島と私たちの歩み
 9月28日(土)13時半~16時半(13時開場)、キャンパスプラザ京都2Fホール(京都市下京区西洞院通塩小路下ル。JR「京都」中央口より西へ約300メートル。有料Pあり)TEL075・353・9111。※ご来場の際は公共交通機関をご利用ください

 講師=大内信一(福島県二本松市有機農家)、村上真平(自然農法)。
 司会=平賀緑(食料政策研究家)。

 一般1000円、学生・被災者500円(茶菓付)。
 問い合わせTEL075・361・0222(使い捨て時代を考える会)。
[PR]
by nanaironosora-k | 2013-09-12 23:47 | 村上真平 講演会

「原発さようなら」掲示版  9月号   

「原発さようなら」掲示版  9月号   2013.8.31

・先日、小浜市の明通寺中嶌哲演師のお話を聞きました。
 「・・・・・・一切の生きとし生けるものは幸福であれ、安泰であれ、安楽であれ。
 (ブッダの言葉より)」。その中で「巨大な危険性をはらんだ原発とその推進
 勢力は、放射能にまみれた目先の札束とひきかえに、「すでに生まれたもの」
 の生命と良心を切り売りさせ、「これから生まれようと欲するもの」の生命を
 ゆがめ、幸福を奪ってやまない。きたるべき“原発のいらない”の微表の最た
 るものは、やはり「これから生まれようと欲するもの」たちへの深い配慮と責
 任が全うされるということではないだろうか。(反原発全国集会1983討議資料
の一部抜粋)」
 福島県南相馬市から滋賀県に避難された方の「拝啓東京電力様」という詩が紹
 介されました。ご希望の方はFAXしますのでご連絡ください。
・ 福島原発では大量の汚染水が漏れ続けています。「収束」どころか「非常事
  態」です。
・ 届いている情報が今月は少ないのですが、わかる範囲でお送りします。
・ 9月29日の朝9時ごろに放送された「モーニングバード]の[そもそも総研]で
 す。    http://www.youtube.com/watch?v=Nzm5ocHh418


9月の情報です。
1. 「再稼動反対・原発いらない」第11回官邸前行動連帯金曜日集会
  9月13日(金)  18:00~19:00 津市まん中広場で
  連絡先 原発なくせ三重県民会議(? 059-225-8845)
  全国、三重県内各地でも抗議行動が実施されています。

2. 「9.15もう動かすな原発!福井集会」再稼動反対!さよなら原発!
   9月15日(日)  集会とパレード   福井市中央公園
  9月15日定期点検のため「おおい原発」が停止します。(詳しくは浜本まで)

3. 緊急ネット署名を始めました。第2次集約:9月1日(日)24時
 大飯原発破砕帯の次回評価会合が9月2日(月)13:00~15:30です。破砕帯問題
 が決着しなければ再稼働の審査ができないため、相当に急いでいます。
 前回8月19日の評価会合では、多くの委員から疑問が出されているのに、早
 い時期に会合日程が入っています。
 9月2日に、F-6破砕帯は活断層ではないと、強引に結論を出す可能性があ
 ります。
 これを止めるため、多くの署名をお願いします。
 原子力規制委員会と、担当の島崎委員長代理宛の署名です。
    ●まず署名して、至急拡散お願いします
     PC用   http://goo.gl/wfs1xE
     携帯用   http://goo.gl/9Fac3w
 詳しくは
  http://www.jca.apc.org/mihama/ooi/kyoudou_appeal20130824.pdf

4. なばり放射線測定所 「しるみる」 の7月の開所日は毎週月曜日、土曜日です。
   予約等問い合わせ先は はらぺこあおむし(0595-67-0155)まで

 5.原発いらないネットワーク・名張の勉強会は9月28日(土)午前10時から
    テキストをご一緒に読みましょう。  赤目ほんまもん広場  参加費300円

原発いらないネットワーク・名張 連絡先 浜本孝江(0595-64-3098)
[PR]
by nanaironosora-k | 2013-09-11 00:40

池の平高原の農園 なな色の空から

昨年9月から、山の開墾からはじめ、ようやくこの春に建物と、農場ができあがりました。

多くの方々にお手伝いいただきまして、本当にありがとうございました。私たち家族は、ここの地でまた新たに、福島の飯舘村でしてきた、農と食、そして学びの場を中心に、生きてゆきたいと思います。これから、地元の方々、そしてこれからおとずれるおおくの方々が、すてきな出会いと喜びの場となりますように。新しく完成した農作業施設です。福島でしていました、レストランによく似た、建物にしてくれた、パートナーの真平さん、ありがとう。とてもうれしく、本当に元気をもらっています。


農作業施設と、そこからみえる農場の景色です。

e0254043_053365.jpg

e0254043_23414985.jpg
[PR]
by nanaironosora-k | 2013-09-07 23:44 | 池の平高原の農園

梅干作り

家族で、毎年作り続けていた梅干。震災後、久しぶりに、地元のおばあちゃんから、
無農薬の梅をわけていただき、梅とり、塩漬け、しそ漬けを家族みんなでしました。
そして、とてもおいしい梅干ができあがりました。



e0254043_2230691.jpg

e0254043_22491769.jpg

e0254043_225147.jpg

e0254043_22525742.jpg

e0254043_22561674.jpg
[PR]
by nanaironosora-k | 2013-09-07 22:57 | なな色の空の野菜と加工品

無農薬とうもろこしができましたよ~。

無農薬とうもろこしが食べごろになりました。

1本150円から200円です。

今回、無肥料で育てました。少し小ぶりです。
数に限りがありますので、ご了承ください。

おまかせ野菜セット2000円、3000円の中には、とうもろこしが
入ります。
[PR]
by nanaironosora-k | 2013-09-01 07:13 | なな色の空の野菜と加工品

お知らせ

「原発さようなら」掲示版  9月号   2013.8.31

・先日、小浜市の明通寺中嶌哲演師のお話を聞きました。
 「・・・・・・一切の生きとし生けるものは幸福であれ、安泰であれ、安楽であれ。
 (ブッダの言葉より)」。その中で「巨大な危険性をはらんだ原発とその推進
 勢力は、放射能にまみれた目先の札束とひきかえに、「すでに生まれたもの」
 の生命と良心を切り売りさせ、「これから生まれようと欲するもの」の生命を
 ゆがめ、幸福を奪ってやまない。きたるべき“原発のいらない”の微表の最た
 るものは、やはり「これから生まれようと欲するもの」たちへの深い配慮と責
 任が全うされるということではないだろうか。(反原発全国集会1983討議資料
の一部抜粋)」
 福島県南相馬市から滋賀県に避難された方の「拝啓東京電力様」という詩が紹
 介されました。ご希望の方はFAXしますのでご連絡ください。
・ 福島原発では大量の汚染水が漏れ続けています。「収束」どころか「非常事
  態」です。
・ 届いている情報が今月は少ないのですが、わかる範囲でお送りします。
・ 9月29日の朝9時ごろに放送された「モーニングバード]の[そもそも総研]で
 す。    http://www.youtube.com/watch?v=Nzm5ocHh418


9月の情報です。
1. 「再稼動反対・原発いらない」第11回官邸前行動連帯金曜日集会
  9月13日(金)  18:00~19:00 津市まん中広場で
  連絡先 原発なくせ三重県民会議(? 059-225-8845)
  全国、三重県内各地でも抗議行動が実施されています。

2. 「9.15もう動かすな原発!福井集会」再稼動反対!さよなら原発!
   9月15日(日)  集会とパレード   福井市中央公園
  9月15日定期点検のため「おおい原発」が停止します。(詳しくは浜本まで)

3. 緊急ネット署名を始めました。第2次集約:9月1日(日)24時
 大飯原発破砕帯の次回評価会合が9月2日(月)13:00~15:30です。破砕帯問題
 が決着しなければ再稼働の審査ができないため、相当に急いでいます。
 前回8月19日の評価会合では、多くの委員から疑問が出されているのに、早
 い時期に会合日程が入っています。
 9月2日に、F-6破砕帯は活断層ではないと、強引に結論を出す可能性があ
 ります。
 これを止めるため、多くの署名をお願いします。
 原子力規制委員会と、担当の島崎委員長代理宛の署名です。
    ●まず署名して、至急拡散お願いします
     PC用   http://goo.gl/wfs1xE
     携帯用   http://goo.gl/9Fac3w
 詳しくは
  http://www.jca.apc.org/mihama/ooi/kyoudou_appeal20130824.pdf

4. なばり放射線測定所 「しるみる」 の7月の開所日は毎週月曜日、土曜日です。
   予約等問い合わせ先は はらぺこあおむし(0595-67-0155)まで

 5.原発いらないネットワーク・名張の勉強会は9月28日(土)午前10時から
    テキストをご一緒に読みましょう。  赤目ほんまもん広場  参加費300円

原発いらないネットワーク・名張 連絡先 浜本孝江(0595-64-3098)
YouTube - このメールの動画
[PR]
by nanaironosora-k | 2013-09-01 06:58