なな色の空 nanaironos.exblog.jp

自然も人も共に奏であい、素敵な空色になりますように・・。


by kanae
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2013、夏の三重の波瀬サマーキャンプでであった皆さんへ、2013,10月に福島野菜支援として、お野菜をお送りさせていただきました。

サマーキャンプに参加された、地元の方のグループから、募金を預かり、それがきっかけで、今回、お送りしました。皆さん、大変、喜んでくださいました。
[PR]
by nanaironosora-k | 2013-10-31 22:40 | 福島野菜支援
2013、10,31、10時~ 愛農同窓会館

レインボーアースプロジェクトのレインボーマーケットに出店します。

マクロビランチ、豆乳チャイ、なな色の空のおせんべい、フェアートレード商品など
売り上げの一部が福島支援金になります。
[PR]
by nanaironosora-k | 2013-10-31 22:26 | なな色の空 出店
野菜サポーター募金のお願い!

福島の被災者へ 野菜の支援をいたします。
野菜サポーター 募金 1口100円

振込口座(ゆうちょ銀行)  なな色の空 02210-4-107165
*通信欄に「野菜サポーター」とご記入ください。

 福島県の一部では放射能の影響で土、水、空気、食べ物、心配な状況が続き、安心して暮らすことができません。それでも、様々な事情により福島で暮らしている多く方がいらっしゃいます。避難したくてもできず、福島で大変な思いをしながら、苦しんでいます。福島から、子供さんと保養にこられた多くのお母さんが言いました。
「私たちは、もう放射能に汚染されてしまった。だから、こどもは欲しいけれど、もう、
産むことはできないの。もし、生まれてきて、生まれてきた子に何かあったら、と思うと
申し訳なくて、とても産むことなんてできない。もう、覚悟して、福島で生きていくしか
ないんだよね。でも、せめて、子供たちには、汚染されていない食べ物を食べさせてあげたくて。それぐらいしか、どうすることもできないの。」
彼女たちに今、必要なことはなんですか?と聞いたところ、安心してたべられる野菜が不足して困っているとのことでした。福島市、南相馬市に小さいこどもをかかえて、暮らしている、三重に保養キャンプにこられているご家族、そして、福島の障害をもって暮らしている作業所、飯舘村から福島市に避難して、津波などで家を失ったり、放射能の影響で避難している、かあちゃんたちがたちあがり、始められた、「母ちゃんの力プロジェクト」
に野菜を送る野菜代、送料代として、大切につかわせていただきます。

2011、6、からはじめた福島野菜支援ですが、募金がとても少ないのが現状です。福島を忘れることなく、長い支援が必要です。どうか、皆様のご協力を、お願いいたします。

< 野菜を直接送って支援をして下さる方へ >

 野菜を作っておられる農家の方や、家庭菜園で野菜が余っておられる方で、野菜を直接送って支援してくださる方は、ご連絡ください。お野菜の送り先をお伝えさせていただきます。

< お問い合わせ >
なな色の空 (村上真平・日苗)
Tel/fax: 059-273-0570

e-mail: nanaironosora@gmail.com

〒515-3536
三重県津市美杉町太郎生3131

 http://nanaironos.exblog.jp/ 
なな色の空エキサイトブログ
[PR]
by nanaironosora-k | 2013-10-31 22:19 | 福島野菜支援
・・【自然と共にあった飯舘村の生活 原発事故が奪ったもの 村上真平氏】

●2013年10月11日 @ 6:30 PM – 9:00 PM

沖縄キリスト教学院 シャローム会館 1-1教室
沖縄県中頭郡西原町翁長777


●10月12日14:00~日本基督教団 名護伝道所(名護市大北1-22-10)

入場無料。

日本基督教団 名護伝導所 主催/日本キリスト教団沖縄教区



村上真平氏

20年間NGOを通して海外協力の現場に関わってきた。国による貧富の格差を生む現代文明から問いかけの前に立たされる。搾取しない共生の生き方、エコビレッジを日本の山村ではじめたいとの決断に至り、福島県飯館村の里山6ヘクタールにエコビレッジをつくってきた。
2011年4月に完成・開始予定の直前3月11日に東日本大震災、福島原発事故に合い、一家5人で三重県にて避難生活をする。三重にて新天地を与えられ、池の平農場をスタートさせる。エコビレッジの夢が着々と実現に向かっている。
福島原発事故の証人として、一刻も早くすべての原発を止めるために、全国で講演活動を続けている。

10月12日(土)午後2時~
日本キリスト教団名護伝道所
名護氏大北1-22-10
電話0980ー52-2730
[PR]
by nanaironosora-k | 2013-10-05 14:34 | 村上真平 講演会
おいしいオーガニックライフ
 福島が教えてくれたこと

日時:2013.11.4(月・祝)
   15:00~17:40 講演会+ワークショップ
   17:40~19:00 懇親会

講師:村上真平氏
   約20年間の海外協力活動の末、
   福島県飯舘村に入植。
   自然を収奪しない農の在り方、
   第三世界の人々を搾取しない
   生活の在り方を探求。
   2011年3月11日の深夜に飯舘村
   から避難。
   現在は、三重県津市美杉町で
   エコビレッジを建設中。

演題:自然と共にあった福島県飯舘村の生活
     ~原発事故が奪ったもの~

場所:三重大学
   総合研究棟Ⅱ メディアホール

参加費:学生1,500円、社会人2,500円
    (講演会のみ:学生5,00円、社会人1,000円)
    中学生以下 無料

持ち物:筆記用具
    [懇親会用]マイ箸、コップ、皿

主催:三重大学自立型社会研究会

震災後、深刻さや怒り、重く暗い気持ちになることがありました。
でも、私たちは 明るい未来を目指し、心のこもった仲間と 楽しく気持ちいい持続可能な未来を考え、実践していきたい。
ぜひ時間を共にし、一緒に考え、行動しませんか?


開催概要

日時2013年11月04日((月・祝))
開催場所三重大学内 総合研究棟Ⅱ メディアホール
参加費無料
定員100人(先着順)
主催
三重大学自立型社会研究会
[PR]
by nanaironosora-k | 2013-10-05 14:21 | 村上真平 講演会