なな色の空 nanaironos.exblog.jp

自然も人も共に奏であい、素敵な空色になりますように・・。


by kanae
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

マリーゴールドからのお知らせ

マリーゴールドから
お知らせが届きました。

安倍首相が正式にTPP交渉参加表明をしてしまいました。。。
TPP「環太平洋パートナーシップ」。なんだか友好的にネーミングで内容はわかりにくい。TPP参加によって、日本にどんなことが起こるのか、今日は出来るだけわかりやすくお伝えしたいと思います。

1 まず、食料自給率が劇的に低下します。
その理由は他の加盟国からの安い農産物がどんどん日本に入るからです。そうすると農業を継続する日本人が減ってしまいます。何より大切な農業の技術が失われてしまいます。

2 公共事業の入札に海外企業が参入します。
学校給食や医療などに海外企業が入札する事を認めなければなりません。私たちの大切な子ども達が、地元で作られた野菜ではなく、どんなところでどんな風に作られたかわからないような食材で調理された物を毎日食べなくてはならなくなるのです。

3 海外の危険な食品や製品を規制できなくなります。
遺伝子組み換えの表示が撤廃される事になります。そして表示されない遺伝子組み換え食品が自由に輸入されてきます。また、例えば有害な化学物質を添加された石油を日本が輸入し、この石油は国民に悪影響があるとして相手国に輸入を断ったとします。そうすると、相手国企業は日本を相手に損害を被ったとして提訴し、賠償金を請求する事が出来ます。これまでの事例では、訴えられた国が勝訴する事はありません。これはTPPに付属しているISD条項によります。完全に企業を擁護するための条項です。日本政府は他国企業を守るために、国民を犠牲にする選択を迫られる可能性があります。

4 国民皆健康保険制度が崩れます。
海外の保険会社が参入します。しかしこの健康保険制度があると参入の妨げになるため、制度の廃止を日本政府に求める可能性があります。

 TPPというのは、国と国がお互いの発展を助け合うために公平なパートナーシップを結ぶ物ではありません。企業が好きなところで、好きなように事業が行える特権を与えられるための物で、日本は他国企業に対し、その権利を保障し、擁護する役割を強いられます。その他国企業の筆頭に来るのがモンサント社。モンサントが種の支配によって行おうとしている世界食糧支配を完全に支援するのがTPP参加なのです。
TPPについては数多くの情報や動画がありますが、私が一番わかりやすく心に響いた動画をご紹介します。もし閲覧できる方はぜひ観てくださいね!!
http://www.youtube.com/watch?v=6-uZx2HFn5U

 これからの日本がどのような方向で進もうとしているのか、わたしたちは、知らなかった、わからなかった、しかたない、無関心、でいることは出来ません。あまりに事が重大すぎるからです。しっかりTPPのことをみんなで話し合い、話題にして、これからどう動けばいいか考える時間がとても大切だと思います。今、目の前の子ども達を見てください。核の問題だけでも大変な問題をゆだねて私たちは去る事になります。そのうえ、人の幸福ではなく企業の幸福を優先した政策の後始末を残す事になってしまうのです。今日生まれた赤ちゃんだっているのに!!!
[PR]
by nanaironosora-k | 2013-03-18 16:48 | お知らせ